メンバーの違いを、

チームの力に。

写真×診断×対話のプログラムで、

メンバーの違いを、チームの力に。

コミュニケーションの秘訣が分かる!
無料プレゼント付き

Service

サービス概要

「コミュニケーションの課題」を解決しながら、
創造性・多様性・心理的安全性を醸成します。

組織の「コミュニケーションの課題」を解決しながら、
「創造性・多様性・心理的安全性」を醸成します。

■サービスの基本

「miit」のプログラムは、3つのステップ「写真投稿」×「写真心理学診断」×「対話」で構成されています。  ポイントとなるのは「写真心理学」です。 撮影者が人・モノ・コトに対してどんな認知をしているか(知性・感性・コミュニケーション傾向・大切にしている価値観など)を紐解きます。

■サービスのベネフィット

「写真心理学」を用いることで、 楽しみながら短時間で、深い自己理解と他者理解を実現。 周りの人と価値観の違いを活かしあえる 組織・チーム・コミュニティをつくります。

■サービスの利点

「写真」を用いるため、リモートでも効果を発揮。 さらに、人の内面性やコミュニケーションといった形がなく掴みづらい要素を見える化するために、セッションの前後でどんな変化が起こったかを可視化する「Before・After診断」をご用意しています。

point 1

「写真」を媒介にするため、誰でも気軽に日常の中で実施可能!

point 2

離れているメンバーとも「フルリモート」で効果を発揮!

point 3

潜在的な気づきを促す「写真心理学診断」「Before・After診断」を実施!

point 1

「写真」 を媒介にするため、
誰でも気軽に日常の中で実施可能!

point 2

離れているメンバーとも
「フルリモート」で効果を発揮!

point 3

潜在的な気づきを促す「写真心理学診断」
「Before・After診断」を実施!

Use scene

利用シーン

こんなチームや組織におすすめです。

こんなチームや組織におすすめです。

scene 1

チームビルディング

業務上のコミュニケーションツールの導入やMTG、1on1は実施しているのに、「コミュニケーションがぎくしゃくする」といったケースは珍しくありません。10名以内の少人数で、お互いの視点や価値観の違いを掘り下げて、心理的安全性を高めたい場合にぴったりです。オンライン飲み会や懇親会の代替手段としてご活用いただくケースもあります。

【ご利用例】
・部署異動
・産休明けの社員が戻ってくる
・新入社員が配属される
・2社間でプロジェクトチームが立ち上がる

scene2

コミュニティ形成

10名〜30名程度で、ネットワークやコミュニティ、関係構築を図りたい場合に。一度に30名の顔と名前は覚えられなくても、「写真」があるとイメージが紐づき、個性や人柄、興味関心などの情報を知り合えます。 写真があれば、自己開示もスムーズ。自己理解と多様性理解が一気に進み、関係性が活性化します。忘年会や懇親会などの、オンラインイベントとしても取り入れていただけます。

【ご利用例】
・新入社員研修・2年次研修
・コワーキングスペースの入居者
・地域コミュニティ
・オンラインイベント

scene 3

ダイバーシティ&
インクルージョン

時代背景を受けて、経営戦略として「ダイバーシティ経営」を取り入れる企業が増えてきました。ダイバーシティ&インクルージョンが浸透するには、トップダウンの制度設計とボトムアップの人材育成が欠かせません。「違いを認め合う」ことは、一般的に「難しい」とされていますが、miitでは、写真を効果的に用いて「楽しく、簡単に」行っていただけます。

【ご利用例】
・ダイバーシティ研修
・外国人・中途採用者を交えた研修
・組織内の縦横斜めの関係構築のアクティビティ

scene 4

イノベーティブ人材
の育成

各社とも、オープンイノベーションや、社内アクセラレータープログラム、研究開発などを実施し、新規事業創造が行われています。その中でキーになるのが、社内人材の創造性開花です。既存の枠を超えた新しい視点・視野・視座をひとりひとりが手に入れるために、miitでは、様々なテーマ設定をご用意しています。

【ご利用例】
・社内アクセラレーターの補助プログラム
・イノベーション推進室
・新規事業のネタ探し

scene 1

チームビルディング

業務上のコミュニケーションツールの導入やMTG、1on1は実施しているのに、「コミュニケーションがぎくしゃくする」といったケースは珍しくありません。10名以内の少人数で、お互いの視点や価値観の違いを掘り下げて、心理的安全性を高めたい場合にぴったりです。オンライン飲み会や懇親会の代替手段としてご活用いただくケースもあります。

【ご利用例】
・部署異動
・産休明けの社員が戻ってくる
・新入社員が配属される
・2社間でプロジェクトチームが立ち上がる

scene 2

コミュニティ形成

10名〜30名程度で、ネットワークやコミュニティ、関係構築を図りたい場合に。一度に30名の顔と名前は覚えられなくても、「写真」があるとイメージが紐づき、個性や人柄、興味関心などの情報を知り合えます。 写真があれば、自己開示もスムーズ。自己理解と多様性理解が一気に進み、関係性が活性化します。忘年会や懇親会などの、オンラインイベントとしても取り入れていただけます。

【ご利用例】
・新入社員研修・2年次研修
・コワーキングスペースの入居者
・地域コミュニティ
・オンラインイベント

scene 3

ダイバーシティ&インクルージョンの浸透

時代背景を受けて、経営戦略として「ダイバーシティ経営」を取り入れる企業が増えてきました。ダイバーシティ&インクルージョンが浸透するには、トップダウンの制度設計とボトムアップの人材育成が欠かせません。「違いを認め合う」ことは、一般的に「難しい」とされていますが、miitでは、写真を効果的に用いて「楽しく、簡単に」行っていただけます。 【ご利用例】 ・ダイバーシティ研修 ・外国人・中途採用者を交えた研修 ・組織内の縦横斜めの関係構築のアクティビティ

scene 4

イノベーティブ人材の育成

各社とも、オープンイノベーションや、社内アクセラレータープログラム、研究開発などを実施し、新規事業創造が行われています。その中でキーになるのが、社内人材の創造性開花です。既存の枠を超えた新しい視点・視野・視座をひとりひとりが手に入れるために、miitでは、様々なテーマ設定をご用意しています。

【ご利用例】
・社内アクセラレーターの補助プログラム
・イノベーション推進室
・新規事業のネタ探し

Works

サービス導入の、事例紹介やお客様インタビュー

トライアルレポート

三井不動産「BASE Q」光村圭一郎さん「新規事業担当のビジネスパーソン。出会いに必要なコミュニケーションって何だろう?」という問いに、miitが応えました!?

三井不動産が運営するインキュベーション施設「BASE Q」責任者の光村圭一郎さんと、そのお仲間の皆さんが、「miit(ミート)」トライアルセッションに遊びに来てくださいました!その様子をレポートします。 セッションに至る

事例紹介

新入社員へ贈り物 「miit」 導入レポート

昨年、「miit」のサービス開発・実証実験にご参加いただいた、牧尚史さん(JR東日本 / team Fantasy-sta.)からお申込みをいただき、同じ部に配属されてきた今年の新入社員の皆さんに、miitセッションを実

KRP_集合写真
お客様インタビュー

京都リサーチパーク株式会社様 「miit」導入インタビュー

京都の一大ビジネス拠点であり「イノベーションが生まれる”まち”」を運営する京都リサーチパーク株式会社(以下、KRP)。1989年に東地区が開発されて以来、現在では5.9haの土地にビル18棟が建ち並び、500の企業・団体

Column

お役立ち情報

専門家インタビュー

元 富士フイルムOpen innovation Hub館長/現 designMeME小島健嗣さん「個人の気づきをメタファー化した写真心理学は、共感・共創を生むきっかけになる」

撮影された写真を通して、撮った人の潜在意識や表現力の特徴などを読み解くナムフォト独自のメソッド「写真心理学」。その可能性を探るべく、各界で活躍されている”気になる人たち”に写真心理学を体験してもらいながらお話を聞いていき

専門家インタビュー

建築家 塩浦政也さん「”写真”を因数分解して、社会に役立つツールとして再構築している点が面白い!」

撮影された写真を通して、撮った人の潜在意識や表現力の特徴などを読み解くナムフォト独自のメソッド「写真心理学」。その可能性を探るべく、各界で活躍されている”気になる人たち”に写真心理学を体験してもらいながらお話を聞いていき

社内コミュニケ―ション

社内コミュニケーション活性化。効果的な施策はいったい何?課題を把握するためのチェック項目108を公開!

「社内コミュニケーション」に再現性を 仕事をしていく上で、「コミュニケーション」について考えたり悩んだことがない方はいないかもしれません。 それどころか、「コミュニケーションは難しい」「コミュニケーションは苦手だ」と感じ

Pick up

ピックアップ一覧

セッションを運営している中で、コミットメントやエンゲージメント、自己肯定感といったキーワードに向き合わされます。そんな日常の中で見つけた小ネタを紹介しています。

「プロの仕事」「プロフェッショナル」という言葉は日常的に使われていますね。では、そのプロって一体何なのでしょうか?同様に「主体性」とは何でしょう?

「写真が上手くなる」とは、どういうことなのでしょうか?「視野」にテーマを絞って、そのポイントを解説したトピックです。

今回のテーマは、「チーム」が「チーム」として機能するために必要と言われている5つの要素。この要素から、いま自身のチームに足りていないものや、「チームビルディング」に必要な要素が明確になるかもしれません。

Events

イベント一覧

「プレイグラウンド」に、楢 侑子(株式会社ナムフォト 代表取締役 / miit開発 /写真心理学研究家)をゲストとして呼んでいただきました。 トークやワークショップを含めたイベントを開催いたします。
Thursday Gatheringは毎週木曜日にCIC Tokyoで開催されるVenture Café Tokyoのフラッグシップ・プログラムです。参加費無料。
【Part.2】のテーマは、「写真表現を学び、創造性を拡張する」です。どなた様もご参加いただけます。