メンバーの違いを、

チームの力に。

メンバーの違いを、

チームの力に。

写真心理学を使って、
全ての人が自分らしさを理解・表現し、
周りの人と、価値観の違いを活かしあえる
組織をつくります。

Events

イベント情報

【Part.2】のテーマは、「写真表現を学び、創造性を拡張する」です。どなた様もご参加いただけます。
「写真心理学アカデミー」の講座を開講。【Part.1】の今回のテーマは、「自分と自分の写真に向き合い、創造性の気づきを得る」です。どなた様もご参加いただけます。
「議論メシ」黒田悠介さんのコミュニティとのコラボイベント。参加者のみなさんに写真心理学体験会を実施。後半では「miitを広めるには?」といったテーマで参加者全員参加の議論を行います。【会員限定】

Service

miitとは

心理的安全性を高めて、
チームのエンゲージメントを向上します。

心理的安全性を高めて、チームのエンゲージメントを向上します。

miitでは、メンバー個人が「写真投稿」で自己表現・自己理解を行い、
「写真を用いた対話」を通じてチームメンバー同士の他者理解を深めます。
セッションを通じて、個人が創造性をのびのびと発揮しながら、
協力関係が円滑に回っているチームを育成します。

point 1

「写真」 を媒介にするため、誰でも気軽に日常の中で実施可能!

point 2

離れているメンバーとも「フルリモート」で効果を発揮!

point 3

潜在的な気づきを促す「写真心理学診断」「Before・After診断」を実施!

point 1

「写真」 を媒介にするため、
誰でも気軽に日常の中で実施可能!

point 2

離れているメンバーとも
「フルリモート」で効果を発揮!

point 3

潜在的な気づきを促す「写真心理学診断」
「Before・After診断」を実施!

Works

導入紹介とお客様の声

TIS様
事例紹介

TIS株式会社様 「写真ワーク」導入インタビュー

ITのリーディングカンパニーとして、キャッシュレス決済や産業・公共を支えるサービスを担うTIS株式会社。2020年12月、同社の3つの事業部に当社の「写真ワーク」の1dayプログラムを導入していただきました。プログラム導

Blog

よみもの

先日、神保町にある本屋「無用之用」で写真ワークショップのイベントを開催させていただきました。そのイベントの様子をご紹介します!

今回のテーマは、「チーム」が「チーム」として機能するために必要と言われている5つの要素。この要素から、いま自身のチームに足りていないものや、「チームビルディング」に必要な要素が明確になるかもしれません。

今日は、miitプログラムの”一番の推しポイント”である、「個人の創造性UP」といった観点でご紹介します。

今回は、人との「信頼関係」について。 対面で会える機会が以前よりもぐっと減った今だからこそ、考えたいこのトピックです。