2010 / 8 / 23

25歳 ♯売れる営業マン

20100823_01
20100823_02

【生年月日】
1985年2月13日 25歳
【出身地】
東京
【現在地】
静岡

【職業】
電子機器の営業
【営業への適正を見出す】
大学生の時に、スタイリストになりたいなーと思って、大学卒業後にスタイリストのアシスタントをやっていました。1年と2カ月くらいですね。結果的に“フリーランスで働く”という、将来の不安に負けて辞めました。
アパレルの販売をやっていたときに、数字を作ることは向いてるなーと感じていたので“営業職”に絞って仕事を探しました。引っかかったのが今の会社です。

会社の入社試験で、15分くらいで書く筆記試験があったんですが、分からなくてもとにかく全部埋めようと思って、全部書きました。内容は電子機器の電圧の問題だったり、自分なりの営業のアイデアだったりです。
そこでやる気を見てもらえたのと、考えを面白いと思ってもらえたから入れたと思います。

今の会社は入社して1年くらいなんですが、成績はぶっちゃけ良いです。自分の成果が形で見えるから楽しいですね。

成績の良し悪しは、やるかやらないかじゃないですかね。与えられた時間内に、とりあえず電話をする、とりあえず話をする。そういうことだと思います。

【将来の夢】
こういう時代でお金をなかなか稼げない人もいる中で、家庭を築き子供を育てることです。子供が好きだし、家族で歩いているのを見たりすると第3者的に「いいなー。」と思いますね。年収は700万~800万を目指します。・・・スタイリストからは大分現実的な夢になりましたね。
【とにかく、やってみる。】
昔から好きなのは、ファッション、サッカー、最近始めたのがスケボーとサーフィンと写真。趣味を多く持ってる方だと思うのですが、仕事もプライベートも充実していてやることがいっぱいあるのが幸せだと思います。全部形から入るんです。サーフィンにしても、先に道具とか全部買ったんですよ。そうするとやらざるを得なくなる(笑)。
やらないよりやった方がいい。気になる女の子がいるなら、誘わないより誘ってみたほうがいいじゃないですか!

——————————————————

●Y取材者コメント
念願だったサラリーマンへの取材が実現しました!静岡在住の彼は、東京での仕事を終えて一服していたところ。取材を快諾して下さいまして、“今”を受け入れて生きている人は強いなー!と、感じました。