2010 / 7 / 5

22歳 ♯タップダンサー 一直線

20100705_01

20100705_02

【生年月日】
1987年10月22日 22歳
【出身地】
石川生まれ、埼玉・東京育ち
【現在地】
東京都中野区
【職業】
タップダンサーの卵
【タップダンス一筋】
タップ暦4年です。高校生の時にTHE STRiPESのパフォーマンスを見て「タップダンサーになろう!」って決めました。大学行くと同時にタップを始めて、毎日公園で練習してて。大学は1年生の時に辞めちゃいましたね。

公園で練習していると出逢いが色々あって、役者やってる人とか、DJとか。ドラムやジャンべやってる人たちと一緒にセッションしたりして。

絶対サラリーマンとかなれないんですよ。向いてないと思う。バイトとかでも3カ月くらいして慣れると飽きちゃって辞めたくなるし、唯一長続きしているのがタップなんですよね。
ただ、最近スランプで。新しいリズムも生み出そうと思っても、自分の得意なことばっかりやっちゃったりして。なんとなく答えは見えてるんですけど。もっとシンプルなリズムで、休符を大事にするSTEPがやりたくて。先生にも言われたんですよ。「音を埋めるだけじゃなくて、間を生かせ」って。

【遠くの夢、近くの夢】
将来の夢はタップダンサーとして食べていくこと。インストラクターやったり、演出や振り付けやったり。カンパニーのプロデュースとかも興味があるし、自分のスタジオが持てたら凄いですよね!

今までタップだけをやってればいいと思ってたけど、最近、足音(毎週木曜日に代々木ANCEで行われているタップイベント)とかでも色んな人の話を聞いたりして、色んなことが分かってきて。

他のダンスにも興味があって、習ってみようと思っています。三浦大知くんみたいなスタイルのHIP HOPがやりたい。今家でDVD観ながら練習してるんですけど、同じポーズしてるのに「すげぇ俺かっこわりぃ~」って思ったり。あと、タップをやってるときは内側からじわ~っと熱くなる感じなのに、HIP HOPやってるとポタポタ汗が落ちてきて「すげぇ、俺顔から汗かいてるよ!」みたいな。

まぁ、あまり考え過ぎずに色々やってみようと思います。

——————————————————–

●Y取材者コメント
一通りお話をうかがって「じゃあ、写真撮りましょう!」と声をかけたら、「俺、どうしたらいいですか?」と言いながらも独りでに踊りだした彼。その姿を見て、ただ本当に、彼はタップダンサーなんだと思いました。