2010 / 5 / 21

28歳 @NY~遠回りして見つけた医学の道

20100521_001
20100521_002

【生年月日】
1981年8月17日 28歳
【出身地】
大阪
【現在地】
奈良県橿原市
【職業】
医大生
【格言】
人生はもともと上手くいかない。でも落ち着くとことに落ち着く。
【医者を目指すキッカケ】
昔、親父が倒れたことがあって、目の前に居ながら何も出来ひんくて。その時に医者になりたいなぁと思ってんけど親父が元気になって忘れてて、初め大学では建築を学んでてん。ほんで大学3年の就職活動のときに「何か違うなぁどうしよっかなぁ。」って思ってたらまた親父が倒れて。その時も、頭がサァーって真っ白になって、何も出来ひんくて。ほんでも昔「医者になりたいなぁ」と思ってたことを思い出してん。
大学を受験したら受かったので、今医大に通ってます。(親父はまた元気になりました。)
【将来の夢】
医学は大きく分けて臨床と研究の二つがあんねんけど、自分の中では医者=臨床医やから、まずは無事に医者になって、どっかの病院で“風邪”とかの診察をのんびりやって、ほんで60歳のときに開業するのが夢。医学は楽しいよ!
いつか自分の住んでる地域で死んで行けたらいいなぁ。
【ハマっていること。】
勉強!朝6時に起きて、8時まで勉強。9時から学校行って、21時くらいまで勉強。帰宅して寝るっていう毎日。実は大学入ってから4年間はカフェのバイトとギターにずっとハマってて。5年のときから勉強にめっちゃハマってる。・・・力の注ぎ具合を“0”か“100”にしか出来ひん性格やねん!

————————–
●Y取材者コメント
28歳で学生。人より遅れてても、心の底から医学を志している彼の姿に「良かったなぁ!偉いなぁ!」と思わずにはいられない。自分の進む道(死に場所まで)を迷いなく見つけ出した彼を、むしろ羨ましく思う人は多いのではないかなぁ。