2010 / 4 / 26

32歳 ♯いちご屋もぐり、13年

20100426_01
20100426_02

【生年月日】
1978年4月11日 32歳
【出身地】
新潟
【現在地】
東京都豊島区
【職業】
いちご屋もぐり・13年目
(恵比寿、目黒、品川なんかを回ってます)
【将来の夢】
何事もなく、平凡に暮らすこと。
【いちご屋アレコレ話】
バンド活動をするために高校の同級生と一緒に上京して、生活費稼ぐためにバイトしなきゃってんで、ガソリンスタンドやら、居酒屋でバイトしまくってました。でもすごく大変で、なんかいいバイトないかなーと思って近所で見つけたのが始まり。やがて独立しました。(音楽活動は、フェードアウト)

お店はトラックで移動してゲリラ的にやってるから、警察に追われたり、やくざに絡まれたり、非日常的な経験を色々して。“いちご”なんて、女の子が好きな食べ物扱ってるから、出会いもあったりして(笑)。若い頃は、そういう「何か起こること」を期待して生きてたし、それが楽しかったんだけど、最近は通りを歩いてる、普通の生活をしている人たちが羨ましい。
「朝起きて、週末は休みで・・・」って、そういう日常が・・。(※以下、将来の夢参照)

———————————————————————-

●Y取材者コメント
2パック500円のいちご(小)を買いました。たぶん、うちの近所の八百屋なら400円・・・いや、350円くらいかもしれません。
あの、露店の魅力ってなんなんでしょうね~。“夏の海での出逢い・ひと夏の恋”てきな魅力が、いちごちゃんから発せられてましたよ。